トレセン同志会・その他諸々

情報競馬に買い目は必要!?

会員様からのご要望に多いのが。

単・複は絶対に買ってるので、馬券になる馬がいる時にだけ教えてくれれば十分!

このようなご意見が多かったので、穴馬で
馬券になり易い情報馬をご提供しておりますが、競馬に絶対はないが、情報には絶対がある!が、当会の考え方。

穴馬にも大きく分けると2種類に分類されるのです。

1:コース適性の問題
中央場所で大敗を繰り返し、ローカル福島・新潟で好走するタイプ。

2:夏負けでデビューが遅れた馬
大半は古馬になってからも夏負けの兆候が出易いのもので、秋~春まで好走するタイプの馬が、コース相性の良い鞍に出走してくるタイミングを狙う。

上記2点はほんの一例で、実際には多種多様、例えばガラリ一変した馬の情報など、いずれにせよ、裏付けがないと、好走する確率は低くなり、
クラスが上がれば上がるほど、穴馬が好走する確率は落ちる傾向にある。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
S氏育成馬に限定した話をしますと、昇級即通用する事が殆どなくなりました。降級制度がなくなった現状、ますますその傾向が強くなり、クラスに目途が立つまでゆっくりと賞金を獲得していく方向に変わってきております。
それでも尚、目方のある馬はおりますので昇級戦でも即通用し、結果も出せるのですが、明らかに全体数から見て減ってきております。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
中には
毎週必ず1頭、絶対に自信のある馬を紹介して貰えないだろうか?というご意見や、或いは参考程度の買い目でも構いません。【馬連/3連複/ワイド】の指示があれば参考になる時もあるので、あった方が助かる!と言うご意見も頂いておりますが、

これら全てのご要望にはお応えできかねます。

中には
情報筋はいいのに馬券下手っぽいので、マル乗りはしてません。と、はっきり言ってくださる方もおられます。

これでいいのです!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
参考買い目として馬券の提示はしておりますが、平場等のケースではその式別のオッズが下がってしまう事が以前は多く、人とは異なる馬券を買われた方がベターだと思われるからです。
トレセン同志会の会員様はお付き合いが長い分、声には出さずとも
マル乗りはしてないという方が多いので、承知しているからだと思っております。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

当初は
買い目を出さなくても大丈夫!買い目を出すと予想になってしまうと、言われていたのです。
現状の買い目は【ワイド】や【馬連】を主体にすると良い結果に結びつきやすいのが現状で、それを元に各自でアレンジを加えるなりして下さると助かります。


参加するにあたってのご注意点


有料情報である以上、裏ネタにはこだわるのは当然の事。
そして、【結果】がより大事な事も承知しております。


例えそうであっても、競馬に絶対がない以上、有料情報は配信側も受け取る側も怖いものである!との認識でちょうど良いと思っております。

情報に関しては、ある時はある!

例えば来週、もし何もなければ期間延長などの次元の事は、考えて欲しくありません。

そんな事を考えながら情報配信を行っていても、成果に繋がらないからです。

どうせなら、
ある時行きましょうよ!


更に一つ!
業者側から言うべき事ではないのかも知れません。

しかし、有料予想なり有料情報会社に参加するべきではない人達は確実に存在する!という事は分かりました。
他社との提携によって客観的に見る機会が増えた事もあった際『消費者センターにいる』から始まるメールを頂戴したのです。

当方メールでやってると効率的ではないので、
そのセンターの方から、私宛に電話を下さい。と返信するものの、センターの方からのお電話はいくら待てどもなかったのですが、私が思うに、何度もあのような公的機関に行かれますと、履歴データが蓄積されていくシステムが構築されており、センターでも取り合わない人達の情報の共有を狙っていると聞いております。

つまり、2度目くらいは大目に見ても、5回以上、同じ内容での相談は出来なくなっていく可能性が高く、悪質な弁護士の食い物にさせてしまう恐れすらあります。

参加するべきではない人達の存在知る事になってから、今まであまり触れなかった分野にも口を挟まなければならない。

そのような経験をさせて頂く機会に恵まれので、手厳しい物言いになってしまいますが、”自分のケツは自分で拭ける成人の方、尚且つ『自己責任』の真の意味をご理解頂いておられる御方に参加していただきたいのです。

情報がガチであっても、相手が抜けてしまったり、
その情報馬自体が凡走する事は競馬には付きものなのです。
いくら調子のよい事を言っても、結果が伴わなかったり1鞍の金額が高ければ当たる!など、そんな事実を見た事すらありません。

それに加え、毎週イチオシ情報などご提供する事自体、物理的に厳しいのが現実。
但し、情報元がイチオシ馬を同日に数頭挙げてくるケースもありますので、
その時こそ例えは古いですけど、
お祭りになる可能性が高いです。
穴馬情報は良くても3鞍に2鞍が馬券圏内とお考え下さい。


現在の募集へ→ご入会案内

トレセン同
Copyright(
C)2003-2020